社員インタビュー/土屋雅博

ITソリューションサービス第2部第2グループ土屋雅博

じゃぁ自分でつくってみようと

――32歳・新卒入社

私は大学院(博士課程)で、ガン細胞の研究をしていました。なので入社時の年齢は32歳です。

――そこから何故SEになろうと

ガン研究を進めるうえで、あるシステムを利用していたんですね。そのシステムがちょっと求めているモノと違うなぁと感じ、 じゃぁ自分でつくってみようと。そのことがキッカケです。実際つくってみると結構面白いなと感じました。

――入社の決め手は

SEになると決めてからは、数社ピックアップして自分を売り込むメールを一斉に送りました。 そこから、面接までたどり着いた会社が北海道キューブシステムで今に至ります。

土屋雅博
土屋雅博

人と人との繋がり

土屋雅博キャリア図解

――会員登録システムの保守を担当

現在のメインは基盤構築・インフラ関係です。プログラムを動かすサーバーのメンテナンスを含む設定などをしています。保守というと何やらシステムの監視をする事だとイメージする方もいるでしょう。実際は細かい開発を続けていく事が保守なんだと私は考えています。もちろんお客様の問い合わせ対応や、プログラミングもします。

――SEの仕事とは

大学院時代につくったシステムは、自分のためのシステム。 今は、お客様のためのシステム。明確に違います。何よりお客様の要望を理解すること、さらには引き出すコミュニケーション能力が必要です。人と人との繋がり方が大切なんですね。

私は、常に楽しんで仕事をしています。試行錯誤して考えた提案に、お客様が共感してくれた瞬間は特別です。

――社内の雰囲気

モニターとにらめっこというより、ワイワイしています。 パートナーまで含めてフラットです。お互いを認め合っているからこそ成立していると思います。

――資格について

応用情報技術者の資格は取りました。今後は、ネットワークスペシャリストとセキュリティスペシャリストこの2つを取りたいですね。業務との関連性が高い資格なので。

――この会社に向いている人は?

論理的に考えて会話ができる人です。間違いなく向いています。その先の答えが、正しいか正しくないかは重要ではありません。でもこれって、他の会社でも必要とされてそうですね。(笑)

スーパーマン

土屋雅博

これからは、もっと会社の利益に対して強い意識をもっていきたい。 その答えが、生産性なのか何なのかは、これから突き詰めたいと考えています。 ポジションは、プロジェクトの売上や利益を管理するリーダになることです。最終目標は、何でもできる人・スーパーマンになることです。

信じるものを突き詰める

土屋雅博

今はキューブのSEとして多くの人と出逢いとても視野が広がったように思います。大学院の研究時代は、ほぼ一人の世界だったので。 学生の皆さんには、是非、自分を曲げずに、信じるものを突き詰めてほしいです。

  • 新入社員
  • 小館拓真
  • 竹原弘隆
  • 竹村伸一
  • 金伸太郎

PAGE TOP


新卒採用INDEX

社員インタビュー

新入社員

小館拓真

土屋雅博

竹原弘隆

竹村伸一

役員インタビュー

金伸太郎

社内風景

教育・研修

新卒・募集要項

採用スケジュール

FAQ

FAQ

マイナビ2021
MHCS

土屋雅博

Profile 土屋雅博

2016年新卒入社。京都出身。大学から現在まで札幌在住。札幌本社ということもあり、勤務地は私がもっとも好きな街・札幌です。

Q. 土屋さんの出身地・京都で仕事がしたいと思いませんか?

「関西圏では、あまり仕事をしたいと思いませんね(笑)。なんでしょう、関西のガヤガヤ感が好みではないので」