社員インタビュー/金取締役 部長

ITソリューションサービス第1部 取締役 部長 金伸太郎

自ら工夫し、努力し、実行する。

キャリア図解

――会社の重要ポストを担う、金取締役部長ですが、主な業務をお教えください。

ドラマなどでよく観る、部長席にいて数字管理だけをするような仕事ではありませんよ。部下よりも多くの権限をもったプレイングマネージャという意識で業務に取り組んでいます。取締役部長という肩書きですが、役割は大きく分けて取締役の仕事、部長の仕事の2つになります。

取締役の仕事は、経営的視点で代表取締役を補佐し、経営目標を推進することです。責任は大きいですが、とてもやりがいのある仕事です。また、新卒採用では、一次面接の面接官も担当しています。

部長の仕事は、担当組織の社員をリーディングすることはもちろんですが、組織の顔として営業を担うことが求められます。お客様の中でも、特に経営層や管理職層との信頼関係を構築することが重要ミッションとなります。

金伸太郎
金伸太郎

――学生向けに、会社の個性をお聞かせください。

「これはやっちゃダメ!」が無いというところです。もちろん社会人として守るべきものは別ですよ。(笑) とにかく役割の制限がないこと。「あなたの仕事はこれだから、他のことに手を出さないで」と指示した記憶はないです。真摯に仕事と向き合う姿勢があれば、企業人として多くのことが実現できる会社です。

あとは、情報公開の幅広さですね。各プロジェクトの情報は、損益を含む詳細まで全社員に公開しています。そこから生まれる社員のアイデアや意見を大切にする文化が根付いています。

金伸太郎

――技術力や創造力を重要視されていますが、どのようなものですか。

技術力に関しては、これからもお客様が期待する技術を鍛錬していきます。でもそれだけじゃだめなんですね。高度な技術、他社がもっていない技術を習得し、それらを活用した独自の提案をお客様に示すことで、次回も当社を指名していただく土壌がうまれます。「私たちは、他社にはマネのできない技術と問題解決力で、御社の悩みを一気に解決できます!」と常にかっこよく提案したいですね。

創造力については、私は「先を読む力」「未来を予測する力」と定義しています。先を読む力は特別な人だけに備わるものではなく、だれでも身につけることができます。社員には「常に先を予測して、普段からたくさんの選択肢(解決策)を持って仕事をするようにしよう」と言い続けています。

――北海道キューブシステムの望む人材

活躍できる環境はきちんと提供します。それを「自ら工夫し、努力し、実行する」、自分の将来像をしっかり持ち、仕事を大切にする人です。

MESSAGE・今のあなたの姿

金伸太郎

ここまで採用ページを読み終え「自分にやれるのか」と思う人もいるでしょう。でも、不安に思うことは、まったくありません。必要な知識やマインドは、前向きな気持ちで経験を重ねることで必ず身につきます。

私たちが知りたいことは「今のあなたの姿」です。身の丈を超えて良くみせようとしたり、不自然に飾る必要はありません。あなたの個性を聴かせてください。今まで「これは頑張った」「これにはこだわっている」、どんなことでも良いのです。まずは、そこから対話しませんか。

  • 新入社員
  • 小館拓真
  • 土屋雅博
  • 竹原弘隆
  • 竹村伸一

PAGE TOP


新卒採用INDEX

社員インタビュー

新入社員

小館拓真

土屋雅博

竹原弘隆

竹村伸一

役員インタビュー

金伸太郎

社内風景

教育・研修

新卒・募集要項

採用スケジュール

FAQ

FAQ

マイナビ2021
MHCS

金伸太郎

Profile 金伸太郎 取締役 部長

1997年入社。北海道キューブシステムの名刺を渡したときに、たくさんの人に「いい会社に勤めてますねぇー」と言われる会社にすること、これが私の目標です。

2か月間だけ部長代理を務めたことがあるのですが、その名刺も自分の歴史として大切に保管しています。