自立したビジネスパーソン

自立したビジネスパーソン

自立したビジネスパーソンの集合体

社員一人ひとりが「技術偏重・受身型」のシステムエンジニアではなく、お客様のパートナーになりうる、「コンサル志向・能動型」の「自立したビジネスパーソン」になることを目指し、技術スキルはもちろん、知的好奇心と経営感覚(損益感覚)をもった人材の育成に力を注いでいます。

その姿勢をもっとも顕著に表すのが、営業部門を持たない【総員営業体制】です。十分な課題解決能力をもつシステムエンジニアが自ら顧客担当となり、創造的な対話から生まれる、お客様のささやきにまで耳を傾けます。その中で浮かび上がる課題を見出し、システム構築の実現性やプロジェクトの損益を判断し、スピーディに対応することで、お客様との信頼関係をより高いステージへ築き上げていくことをすべての基本姿勢としています。

さらに、「全社員参加型経営」を掲げ、経営計画や事業計画の策定に全社員が参加し、経営感覚を身につけています。私たちは、一人ひとりの自立心を育む企業風土・体制を創りあげることで、個人と組織、そして会社の相乗的な価値向上を目指しています。

総員営業体制

私たちは営業専任部門をもたない組織体系を展開しています。顧客へのより効果的なサービスを実現するために、営業提案・構築・運用・評価まで、知識とスキルそして創造的なコミュニケーション能力を併せ持つシステムエンジニアが一貫して対応します。

損益マネジメント

プロジェクトの損益はプロジェクトリーダが管理し、プロジェクトメンバーも自由に閲覧できる環境です。コスト意識の高いシステムエンジニアがプロジェクトを運営することで、更なるサービス向上へ繋げています。

裁量権の委譲

社員に裁量権を委譲することで、お客様からの要望にスピーディに対応します。

成果主義

ソリューションの価格とは顧客が得る成果(付加価値)の大きさによって決まると考えます。
時間ではなく成果で仕事をする意識を持ち、より高度なサービス提供に努めています。

全社員参加型経営

社員の経営感覚育成のため、顧客満足度調査、顧客ニーズ、ビジネストレンドを基軸に全社員で経営計画、事業計画を策定しています。また、個人、部門で策定した業務目標は全社員で情報共有を図っています。すべては、顧客満足の創造のために、私たちがすべき行動・指針をより明確化する体制を確立しています。

PAGE TOP

What's CUBE

CUBEの由来

ビジョン

文化~自立したビジネスパーソン

CUBE SYSTEMグループ

MVP・ACR・APR

MVPという方法論

ACR活動