キューブな出来事

策定会議開催

私たち北海道キューブシステムでは、社員一人ひとりが「自立したビジネスパーソン」となるために技術スキルはもちろん、経営感覚(損益感覚)をもった人材の育成に力を注いでいます。その取り組みのひとつが「全社員参加型経営」です。

毎年12月より開始される事業計画の策定では、顧客ニーズ、ビジネストレンドを基軸に、顧客満足度調査の結果も踏まえ、全社員が各プロジェクトの方向性および数値目標、それを達成するための戦略などを考えます。様々な角度から、議論・検討を繰り返し、社員視点ではなく、経営者としての目を養っていきます。

事業計画策定STEP

立案した事業計画は4月に開催される経営計画発表会で全社員が共有しています。

次年度への事業計画を立案するために、1月23日(土)に策定会議が開催されました。この会議は上記イラストの、1stと2ndに該当するもので、プロジェクト責任者以上が参加し、経営から各プロジェクトへ方針が伝えられます。 

白熱した議論が交わされ、各プロジェクトの課題、目標が参加メンバー全員に共有されていきます。こうして完成した各プロジェクトの目標や戦略の集合体が、グループ、部門の事業戦略となり、最終的には「北海道キューブシステムの事業計画」へと繋がっていきます。

PAGE TOP

mhcs

マイナビ2021